陶器トータルイメージ

和の心を受け継いだ天然木のやさしいあかり

人々は通常、昼間の青白い光のもとで活動的に働き、夕陽の温かな光の中で安らぎを覚えるという「生体リズム」を持っています。そして、色温度の低いやわらかな赤い光(夕陽や焚火など)は、人々の心を癒す効果があります。当工房は木のあかり工房です。日本人の特質美である繊細さと、職人の持つ誠実な手業を基に、木の風合いを生かしつつ細やかな技法で、灯りを一つ一つ丁寧に組み上げています。
夜でも昼間のように明るいストレス社会の現代において、日々の生活に和の心を受け継いだ天然木のやさしいあかり。ゆったりとした光の陰影を楽しみながら、ひと時の安らぎを灯してみませんか。

あかり作家 山本 富樹

> 工房訪問
> ご購入はこちらから

代表作品

螺旋(大)
螺旋(大)
螺旋(小)
螺旋(小)
組子箱
組子箱
和風井桁行灯
和風井桁行灯
灯り杢(角)
灯り杢(角)
灯り杢(丸)
灯り杢(丸)
このカテゴリの商品のご注文はこちらからどうぞ
このサイトは株式会社中部デザイン研究所が運営しています